top of page
  • kankou9

『樽ケ橋遊園の飼育員日記』

バリケンとダチョウの訃報について


10月27日(金)、バリケンのメスが亡くなりました。

死因は老衰です。


とってもおっとりしたマイペースな子でした。

人間は少し苦手でしたが、鳥類は、種を問わず、仲良しでした。


特に、インドクジャクのキャサリンとは、鳥舎のリニューアル前から部屋が隣だったので、網越しですが、一緒にいるほど仲良しでした。


これに伴い、バリケンは0羽となりました。

今のところ新しいバリケンの導入の予定はありません。



翌日28日(土)、ダチョウのオスが亡くなりました。

死因は誤嚥性肺炎です。


人懐っこい反面、クールな一面もある、食べることが大好きな愛くるしい子でした。

世界最大の鳥類で、迫力も愛嬌もあり、老若男女問わず人気者でした。


これに伴い、ダチョウは0羽となりました。

今のところ新しいダチョウの導入予定は未定です。



実は、バリケンは「まりも」、ダチョウは「リッキー」と名付けており、近々公表する予定でした。




閲覧数:623回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page