『樽ケ橋遊園の飼育員日記』

🌞アルパカの毛刈りを行いました🌞


とってもお天気にめぐまれた5月24日🌞

アルパカの毛刈りを行いました(*^^*)!


日陰で休憩中の毛刈り前のアルパカ達🌱




いつもと違う様子のアルパカスペースに興味津々のヤギ👀


毛刈り後のアルパカ達はいったいどんな姿になったのか...


ご覧いただく前に何故毛刈りをするのか、という疑問にお答えします!

アルパカはもともと、毛を取ることを目的に品種改良が行われた家畜の一種です。そのため毛を刈らずに放置するとどんどん伸びていき、2年たつ頃には地面に届くほど伸びてしまいます。また、アルパカの毛は保温性が高く夏に毛の長いままでいると熱中症や熱射病のリスクがあるため、毎年樽ケ橋遊園ではこの時期に毛刈りを行っています(^O^)/



さて、毛刈り後のアルパカ達...お披露目!!!


\\\✨ジャーン✨///


細い!!!!

毛のモコモコでからだが大きく見えていた分、より細く見えますね(^^;)


ちなみに樽ケ橋遊園には白いアルパカが2頭いるため、どっちがどっち!?と今まで思われていた方、朗報です。

今回の毛刈りで見分けがつきやすくなりました!


頭のモコモコが大きく、前肢後肢に毛を残すスタイルが【ロック】

頭周りをシュッとさせ、全身をすっきりカットしたのが【ダン】です。


茶色のアルパカは【あらし】でこの中で一番小柄なアルパカくん(*‘ω‘ *)


是非実際に会って名前を呼んであげてください🌼


皆さまのご来園をお待ちしています✨🌟




閲覧数:502回0件のコメント

最新記事

すべて表示